大阪市港区の三先に鎮まる神社 天満宮(通称:三先天満宮)の公式サイト


   奉祝行事(7/3)

  天 満 楽 市

天満楽市1

古来より日本では森羅万象に神々が宿っており、人間はその恩恵をいただいて生活をしていると考えてきました。しかしながら、現在の日本はあらゆる意味で飽和状態であり、使い捨ての時代になってきています。大神様の恩恵を大切にし、物を粗末にしないようにと、境内で地域の方々が出店され「天満楽市」(フリーマーケット)が開催されました。

当日は残念ながら天気予報が的中し、朝から雨雲がよどんでいました。しかし出店者の方々の厚い情熱により「雨が強くなるまで」という限定された時間の中、開催されました。早朝からにも拘らず多くの出店者が境内に集まり準備を始められました。天気予報も変わらず「雨」でしたが徐々にお客さんも集まってこられました。




天満楽市2

そんな最中、ついに雨が降り始めました。出店者もお客さんも雨がやむことを信じ、社務所の軒先などで雨宿り。その思いも虚しく雨足は強くなるばかり・・・。残念ながら午前中に雨による中止を余儀なくされました。

出店者が後片付けをされてる作業中も、次回の開催を望まれる声が多く届きました。







  天 満 寄 席

神社、神道は宗教でありながら日本古来の伝統や生活習慣に深く根付いており、今後も日本の伝統・風習を守って行く立場にあると考えられます。その神社において伝統芸能である寄席を開催し、歴史ある日本の伝統芸能を再確認いただき楽しんでいただきました。

天満楽市の頃から降り始めた雨は、雨足は弱まったものの開場の午後5時を迎えても全く止む気配はありませんでした。

それでも開演の午後5時30分には当社の座敷がほぼ埋まるほどの多くの方々に足をお運び頂きました。古典落語から創作落語までバラエティに富んだ演目が4名の落語家により演じられました。

楽しい時間に限って早く経ち、お開きになる午後7時まで笑い声が止むことはありませんでした。

 〒552-0016 大阪市港区三先1丁目5番40号  TEL 06-6571-0527
 Copyright(C)2014 tenmanguu all rights reserved.